婚約について

日本で婚約成立は、プロポーズをして、結婚の承諾を得た時に成立し、その証として婚約指輪を渡します。
しかし、婚約は何の方式も必要としない行事であり、いつどこで行ってもいいのです。
また、結納や婚約指輪の受け渡しは、婚約成立の証明となります。
婚約指輪は、男女共に左手の薬指につけるが、これは男性が女性への着手金のようなものと考えられています。

日本では、婚約指輪の交換の後、結婚式を行うまでの間は婚約者となっており、結婚式の準備が待っています。
しかし、これは日本における婚約の文化であり、世界各国を見てみると、婚約については文化の違いがあるので、国際結婚を行う場合はとても注意が必要であり、文化の違いでしてはいけない事等が多々あるので、事前に確認しておく必要があります。
特に注意したいのは、各国での生活文化や風習の違いが大きく、日本では当たり前な事が、海外では大変失礼に当たる場合があります。
それらは、その地域の人から教えてもらうか、資料などを見て参考にしておきましょう。

世界各国の婚約は、色々あり、国や地域で実に様々です。
日本人同士で結婚する場合には、問題ありませんが、国際結婚を考えている方の場合は、特に注意しておきましょう。
しかし、失礼になる行為等が多い場合、それが原因でストレスが溜まってしまう可能性も十分あるので、その国の風習などは事前に把握しておきましょう。
それが国際結婚に繋がる婚約になるのであれば、大切な事になります。

Copyright © 2014 世界の婚約文化の違い All Rights Reserved.